出産後にはベイザー

出産後にたるんでしまったおなか

出産後のおなかのたるみ

出産後間もないおかあさんが、かわいい赤ちゃんに夢中になる時期が過ぎたら、がぜん気になりだすのが自分のプロポーションですね!妊娠期間中にお腹が大きくなり体重が増えるにつれ「本当に妊娠前の体型に戻るのかしら」と疑わしくなってしまう、それほど妊娠前後の女性の身体はダイナミックに変化します。そして、何といっても気になるのが「おなかのたるみ」でしょう。

実は、産後のお腹のたるみは一種の「生理現象」です。残念なことですが、おかあさん自身が出産後もお腹がたるまないようにと手段を講じることは不可能なのです。出産後のお母さんにできることは、「たるんでしまった」おなかを元に戻すには、ベイザーという脂肪吸引の手術が有効です。

さて、まず大切なことは産後のお腹のたるみを改善するには「産後2か月から開始し、産後6か月まで」が勝負という事実!実は、産後6カ月までは脂肪が取れやすくなっているといわれています。この時期にがんばっておけば、妊娠前の体型、もしかしたら妊娠前よりもスリムなプロポーションになれるチャンスなのです!逆にいえば産後は自然と痩せると思って、大事なこの時期に何もせずにいれば、全く痩せないどころかますます太っていく人もいるというわけです。

また、妊娠・出産で開いた骨盤が元に戻ろうとするのも同じく産後6カ月くらいまでがリミット。この時期を過ぎてしまうと、骨盤が歪んで開いたままの状態で固定され、出産前の骨盤の状態に矯正することが大変難しくなってしまいます。

では、こんなにもお腹がたるんでしまう理由は何なのでしょう?大きな原因はこちらです。
1.出産後大きなお腹が急に引っ込み、皮膚がたるんでしまった
2.妊娠中にお腹に脂肪がつきすぎてしまった
3.腹筋が落ちてしまった

とくに、3番については早急に手を打ちたいもの。なぜかといえば、妊娠中はお腹に負荷をかけることはご法度でしたから、腹筋がどんどん落ちて行ってしまったはず。結果、産後は腹筋がなくなりお腹がたるんでしまうというわけです。赤ちゃんのお世話で大変だとは思いますが、なんとか時間を見つけて腹筋を戻すようにしましょうね。